...

ユーザー名:bms  パスワード:会員専用月替わりの4桁の数字

令和4年度税制改正セミナー

ポイントを絞って深く解説!
セミナーを視聴する
12月10日に発表された税制改正大綱は、新政権による「成長と分配の好循環」と「コロナ後の新しい社会の開拓」を反映した内容などが盛り込まれています。
本セミナーでは、会計事務所が押さえるべき改正のポイントについて、今後の実務に与える影響も踏まえ、ポイントを絞って深く解説します。

【主なポイント】

  • 足場レンタル等の否認規定と経過措置
  • 電子取引のデータ保存の宥恕規定の注意点
  • 無申告等の経費制限の注意点
  • みなし配当の改正規定等 等

※ 今後の改正情報により、内容の全部又は一部の見直しがあり得ます

...
講師プロフィール

元国税調査官・税理士 松嶋 洋(まつしま よう)氏
昭和54年福岡県生まれ。平成14年東京大学卒。国民生活金融公庫(現日本政策金融公庫)、東京国税局、日本税制研究所を経て、平成23年9月に独立。
現在は税理士の税理士として、全国の税理士の税務調査や税務相談に従事しているほか、税務調査対策・税務訴訟等のコンサルティング並びにセミナー及び執筆も主な業務として活動。とりわけ、平成10年以後の法人税制抜本改革を担当した元主税局課長補佐に師事した法令解釈と、国税経験を活かして予測される実務対応まで踏み込んだ、税制改正解説テキスト(http://totaltaxconsulting.com/kaisei2021/)は数多くの税理士が購入し、非常に高い支持を得ている。
著書に『最新リース税制』(共著)、『国際的二重課税排除の制度と実務』(共著)、『税務署の裏側』、『社長、その領収書は経費で落とせます!』『押せば意外に 税務署なんて怖くない』などがあり、現在納税通信において「税務調査の真実と調査官の本音」という400回を超える税務調査に関するコラムを連載中。