...

ユーザー名:bms  パスワード:会員専用月替わりの4桁の数字

会計事務所と企業経営者が知っておきたい

「がん」と診断された時に慌てないための正しい知識と対策

セミナーを視聴する

二人に一人は「がん」になる、それは知っていても「自分はならないのでは?」と根拠ない期待をする人は多い。
しかし症状が皆無でも突然「がん」と診断されるときが来ます。そんな時には経営者にとっては一大事です。自身の生命や残された家族の事もさることながら、事業の将来や継承がうまくできるのか、そのための時間は十分あるのか?治療しながらでも仕事ができるのか?だからこそ、「がん」を知っておくことで、落ち着いてがんの治療やその他の対応が可能になります。
このセミナーでは「がん」という病気をしり、実際「がん」となったことを想定しながら、どんな状況が起こってくるのかなどを説明します。

セミナー内容
・がんという病気を知る
・がん治療の目的と意味
・がん治療をうけた場合の結果と解釈
・治療効果を上げるには
・がんの治癒にむかうためには
...
講師プロフィール

谷川 啓司 氏
ビオセラクリニック(東京女子医科大学病院関連施設)院長、医学博士 1964年生まれ。 防衛医科大学校卒業後、東京女子医科大学消化器外科入局、東京女子医科大学消化器外科医療練士修了。 専門は消化器外科、腫瘍外科。米ミシガン大学医学部腫瘍外科において免疫細胞療法、遺伝子治療の研究にsenior research fellowとして従事し、医師・大学院生に免疫療法の研究を指導。東京女子医科大学消化器外科帰局後、外科医としてだけでなく癌免疫細胞療法チームとして癌免疫細胞療法の臨床研究に携わる。 東京女子医科大学医学博士号取得後、2001年ビオセラクリニック開設。 東京女子医科大学消化器外科講師。 常に患者一人ひとりと向き合いながら、がん免疫細胞療法の研究・普及に努めている。 テレビ・ラジオ等メディア出演・講演多数。 著書:「がんを告知されたら読む本」(プレジデント社)「図解 がん免疫細胞療法―がん細胞を狙い撃つ最先端医療の威力」(実業之日本社) テレビ・ラジオ等メディア出演多数